Microsoft SQL Server 2008 SP2 リリース ノート (ja-JP)

Microsoft SQL Server 2008 SP2 リリース ノート (ja-JP)

 


このリリース
ノートでは、慎重で緊密にモニターされています。何でも編集は評価して次がすぐ受け入れたり改良したり戻したりすることがあります。これがwikiであるので、コミュニティメンバーは、このリリースノートを追加または改良されている可能性があります。の公式リリースノートを読むために、ここをクリックしてください

 

このリリース ノートでは、SQL Server 2008 のインストールやトラブルシューティングを行う前に知っておく必要がある、既知の問題について説明しています。 また、その他���既知の問題に関する情報を Microsoft サポート オンライン Web サイトのサポート技術情報 (KB) 資料から検索する方法についても紹介しています。このリリース ノートとサポート技術情報資料は、SQL Server 2008 オンライン ブックを補足するものです。

このリリース ノートは、以下の製品に適用されます。

 

  • Microsoft SQL Server 2008 Standard

  • Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition for Small Business

  • Microsoft SQL Server 2008 Developer

  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise

  • Microsoft SQL Server 2008 Express

  • Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services

  • Microsoft SQL Server 2008 Web

  • Microsoft SQL Server 2008 Workgroup

  • Microsoft SQL Server 2008 Analysis Services

  • Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services

このリリース ノート ドキュメントは、オンラインのみで入手でき、インストール メディアには含まれていません。また、定期的に更新されます。

SQL Server 2008 のインストール方法については、SQL Server 2008 の Readme を参照してください。Readme は、インストール メディアまたは Readme ダウンロード ページから入手できます。

目次

1.0 Service Pack 2 の新機能

Service Pack 2 (SP2) の新機能は次のとおりです。

  • SQL Server ユーティリティSP2 の適用後、SQL Server 2008 データベース エンジンのインスタンスは、SQL Server のマネージ インスタンスとして、ユーティリティ コントロール ポイントに登録できます。 詳細については、SQL Server 2008 R2 オンライン ブックの「SQL Server ユーティリティの概要」を参照してください。

  • データ層アプリケーション (DAC)SP2 を適用すると、SQL Server 2008 データベース エンジンのインスタンスはすべての DAC 操作をサポートするようになります。DAC の配置、アップグレード、登録、抽出、および削除を行うことができます。SP2 では、DAC をサポートするための SQL Server 2008 ク���イアント ツールのアップグレードは行われません。DAC 操作を実行するには、SQL Server Management Studio などの SQL Server 2008 R2 クライアント ツールを使用する必要があります。データ層アプリケーションは、アプリケーションで使用されるすべてのデータベース オブジェクトおよびインスタンス オブジェクトを含むエンティティです。DAC により、データ層オブジェクトの作成、配置、管理を一元的に行うことができます。詳細については、「データ層アプリケーションの設計と実装」を参照してください。

  • SharePoint 統合モードの Reporting Services。SQL Server 2008 SP2 では Reporting Services の SharePoint 統合に更新プログラムが提供されています。SQL Server 2008 SP2 レポート サーバーは SharePoint 2010 製品と統合できます。SQL Server 2008 SP2 では SharePoint 2007 製品用の新しいアドインも提供しています。新しいアドインは、SharePoint 2007 製品と SQL Server 2008 R2 レポート サーバーとの統合をサポートしています。 詳細については、「新機能 (Reporting Services)」の「SharePoint 統合と SQL Server 2008 Service Pack 2 (SP2) の新機能」のセクションを参照してください。

2.0 Service Pack 2 のインストールの準備

SQL Server 2008 Service Pack 2 で修正されたバグの一覧については、サポート技術情報の資料 2285068 を参照してください。

2.1 SQL Server 2008 Service Pack 2 のダウンロード、展開、およびインストールに必要な推奨ディスク領域

SP2 をダウンロード、展開、およびインストールするために必要な推奨ディスク領域は、パッケージのサイズの約 2.5 倍です。各 SP2 パッケージのサイズは、次のとおりです。

SQL Server Express パッケージ:

  • SQLEXPR32_x86 (32 ビットと 64 ビットのどちらのオペレーティング システムにもインストール可能): 110 MB

  • SQLEXPR_x86 (32 ビットと 64 ビットのどちらのオペレーティング システムにもインストール可能): 96 MB

  • SQLEXPR_x64: 123 MB

SQL Server のその他すべてのエディション:

  • X86: 300 MB

  • X64: 367 MB

  • IA64: 359 MB

2.2 SQL Server 2008 Service Pack 2 更新プログラムの実行時に SQL Server 2008 R2 の機能が SQL Server セットアップ ウィザードに表示される

[機能の選択] または [更新準備完了] ページで、SQL Server 2008 R2 の機能が、SQL Server 2008 Service Pack によって更新される機能の一覧に表示される場合があります。SQL Server 2008 R2 コンポーネントは、SQL Server 2008 Service Pack 更新プログラムによる影響を受けません。必要な操作はありません。

SQL Server 2008 Service Pack 更新プログラムを削除するときに、[機能の選択] または [アンインストールの準備完了] ページで、SQL Server 2008 R2 コンポーネントが機能の一覧に表示される場合があります。SQL Server 2008 R2 の機能がこのプロセスでアンインストールされることはありません。必要な操作はありません。

2.3 累積更新プログラムの適用前に、SQL Server のインスタンスのすべての機能が同じバージョン レベルになっている必要がある

SQL Server の累積更新プログラムを、すべての機能のバージョン レベルが同じになっていない SQL Server のインスタンスに適用した場合、更新は失敗します。この失敗を回避するには、SQL Server のインスタンスのすべての機能が SQL Server のバージョンと同じになっていることを確認する必要があります。

3.0 オリジナル リリースのリリース ノート

SQL Server 2008 をインストールする前に、以下の必要な操作の説明とサポート技術情報資料をお読みください。

3.1 必要な操作

Visual Studio 2008 がインストールされているか、SQL Server 2008 のプレリリース版がインストールされている場合は、SQL Server 2008 をインストールする前にいくつかの事前操作を行わなければならない場合があります。必要な操作については、以下の表を参照してください。

Visual Studio 2008 のインストール状態

SQL Server 2008 のインストール状態

SQL Server 2008 のインストール前に必要な操作

未インストール。

プレリリース版は未インストール。

必要な操作はありません。

未インストール。

プレリリース版がインストールされているか、以前にされていた。

以下の操作を行ってください。

  1. SQL Server 2008 のプレリリース版をアンインストールします。

  2. さらに、SQL Server 2008 のプレリリース版のインストールによって追加された Visual Studio 2008 の機能をアンインストールしなければならない場合があります。Windows で [プログラムの追加と削除] を使い、Visual Studio 2008 シェル (統合モード) および Visual Studio Tools for Applications 2.0 がインストールされていたら、アンインストールします。

インストール済みで、Visual Studio 2008 Service Pack 1 (SP1) のリリース版は未インストール。

プレリリース版は未インストール。

次のいずれかの操作を実行します。

  • SQL Server 2008 をインストールする前に、Visual Studio 2008 SP1 をインストールします。

  • Visual Studio 2008 をアンインストールし、次に SQL Server 2008 をインストールします。SQL Server 2008 をインストールした後は、Visual Studio 2008 をインストールできます。次に、Visual Studio 2008 SP1 をインストールします。

  • Visual Studio 2008 を必要とする SQL Server 2008 コンポーネントである管理ツール (基本と完全の両方)、Integration Services、および Business Intelligence Development Studio 機能は、インストールしないでください。 後でこれらの機能のインストールが必要になった場合は、先に Visual Studio 2008 SP1 をインストールしてください。

インストール済みで、Visual Studio 2008 SP1 のリリース版は未インストール。

プレリリース版がインストールされているか、以前にされていた。

以下の操作を行ってください。

  1. SQL Server 2008 のプレリリース版をアンインストールします。

  2. 次のいずれかの操作を実行します。

    • SQL Server 2008 をインストールする前に、Visual Studio 2008 SP1 をインストールします。

    • Visual Studio 2008 をアンインストールし、次に SQL Server 2008 をインストールします。SQL Server 2008 をインストールした後は、Visual Studio 2008 をインストールできます。次に、Visual Studio 2008 SP1 をインストールします。

    • Visual Studio 2008 を必要とする SQL Server 2008 コンポーネントである管理ツール (基本と完全の両方)、Integration Services、および Business Intelligence Development Studio 機能は、インストールしないでください。後でこれらの機能のインストールが必要になった場合は、先に Visual Studio SP1 をインストールしてください。

Visual Studio 2008 SP1 のリリース版をインストール済み。

プレリリース版は未インストール。

必要な操作はありません。

Visual Studio 2008 SP1 のリリース版をインストール済み。

プレリリース版がインストールされている。

SQL Server 2008 のプレリリース版をアンインストールします。

SQL Server 2008 のインストール後に Visual Studio 2008 をインストールする場合、サポート対象の構成にするには、Visual Studio 2008 SP1 ���インストールする必要があります。Visual Studio 2008 を必要とする機能である管理ツール (基本と完全の両方)、Integration Services、および Business Intelligence Development Studio をインストールしなかった場合、Visual Studio 2008 SP1 は必要ありません。

SQL Server 2008 を Visual Studio 2008 と共にインストールする方法の詳細については、MSDN のブログ「SQL Server 2008, Visual Studio 2008 SP1, and .Net Framework 3.5 SP1 Explained」(英語) およびサポート技術情報資料 956139 を参照してください。Visual Studio 2008 SP1, の詳細については、Visual Studio Web サイトを参照してください。

Visual Studio 2005 から SQL Server 2008 に接続するには、SQL Server 2008 用の Visual Studio 2005 サポートをダウンロードしてインストールする必要があります。

3.2 読んでおく必要があるサポート技術情報資料

以下の KB (サポート技術情報資料) では、SQL Server 2008 をインストールする前に読んでおく必要がある重要な既知の問題が説明されています。インストールに関するその他のサポート技術情報記事を検索するには、「インストールの準備」のクエリを使用してください。

KB ID

概要

956139

SQL Server 2008 のインストールに Visual Studio 2008 SP1 が必要になる場合がある。

956427

SQL Server 2008 Analysis Services をインストールし、SQL Server 2008 データベース エンジンをインストールしていない場合、クラスター ノードを追加できない。

956005

SQL Server 2008 ミラー データベースの状���インジケーターが SQL Server 2005 と異なる。

955396

SQL Server 2008 のセットアップに関するトラブルシューティングの方法。

955399

SQL Server 2008 へのアップグレードが失敗した場合、再試行する前にアップグレードのアンインストールが必要。

955973

Windows Server を実行しているコンピューターで SQL Server 2008 にアップグレードしようとすると、"パス '<Path>\perf-MSSQL$SQL2008sqlctr.dll' へのアクセスは拒否されました" というエラー メッセージが表示される場合がある。

955389

SQL Server 2008 が、どの機能の使用状況データを収集するかを更新する方法。

3.3 エラーと使用状況レポートのヘルプ ボタンが反応しない

[SQL Server エラーと使用状況レポート] ダイアログ ボックスで [ヘルプ] ボタンをクリックしても、反応しません。ヘルプを参照するには、MSDN で「エラーと使用状況レポートの設定」を参照してください。

4.0 他の既知の問題を探す方法

他の既知の問題について調べるには、Microsoft サポート オンライン Web サイトで "SQL Server 2008" を検索することをお勧めします。 特定の事項に関するサポート技術情報資料を検索するには、以下の検索項目のいずれかをクリックするか、カスタム検索文字列を作成してください。

SQL Server 2008 の他の利用者と経験を共有したり知識を教えあったりするために、SQL Server コミュニティも利用できます。詳細については、SQL Server コミュニティ Web サイトを参照してください。

オンライン ブックは SQL Server 2008 の主要なドキュメントとしてお読みいただけます。MSDN の SQL Server 2008 オンライン ブックを参照することも、スタンドアロン バージョンを SQL Server 2008 オンライン ブック ダウンロード ページからダウンロードすることもできます。

Leave a Comment
  • Please add 7 and 5 and type the answer here:
  • Post
Wiki - Revision Comment List(Revision Comment)
Sort by: Published Date | Most Recent | Most Useful
Comments
  • Fernando Lugão Veltem edited Revision 11. Comment: added toc

  • Mary Browning edited Revision 8. Comment: updated title

  • Tiffena Kou (MSFT) edited Revision 6. Comment: change font type

  • Tiffena Kou (MSFT) edited Revision 5. Comment: changed font size

  • Mary Browning edited Revision 3. Comment: corrected link to original version

  • Mary Browning edited Revision 2. Comment: added disclaimer

Page 1 of 1 (6 items)
Wikis - Comment List
Sort by: Published Date | Most Recent | Most Useful
Posting comments is temporarily disabled until 10:00am PST on Saturday, December 14th. Thank you for your patience.
Comments
  • Mary Browning edited Revision 2. Comment: added disclaimer

  • Mary Browning edited Revision 3. Comment: corrected link to original version

  • Tiffena Kou (MSFT) edited Revision 5. Comment: changed font size

  • Tiffena Kou (MSFT) edited Revision 6. Comment: change font type

  • Mary Browning edited Revision 8. Comment: updated title

  • Fernando Lugão Veltem edited Revision 11. Comment: added toc

Page 1 of 1 (6 items)