MVP や MCC になるには (ja-JP)

MVP や MCC になるには (ja-JP)

これは、現役の MVP (Most Valuable Professional)、MCC (Microsoft Community Contributor)、また Microsoft 従業員に対してかなり高頻度で尋ねられる質問です。そして、その質問はかなり頻繁にフォーラムへ投稿されます。

実際のところ、個別のパスはありません。多くのパスが存在する可能性があり、あなたのパスはあなた自身が見つけ出さなければならないでしょう。そのプロセスは私たちが望むほど詳細ではないかもしれませんが、( 柔軟性を持たせたり、他の理由による ) 仕様です。

MCC や MVP になると、あなたのプロファイルへと "MCC" や "MVP" のような適切なタイトルが表示され、TechNet Wiki や MSDN フォーラム、Microsoft コミュニティなどのさまざまな Microsoft のオンライン コミュニティ ツール上で名前がリストされます。

これらのコミュニティ ツール上の "MCC" や "MVP" タイトルは、賞が与えられたことを反映するのみです。認識ポイントが賞を通知するかもしれません。しかし賞自身は、認識システムや、プロファイル、TechNet Wiki や フォーラムとは関係ありません。MVP や MCC になる方法についてより多くの情報を見つけ出すために、以下の回答とリンクを読んでください。




Microsoft Community Contributor

Q15. Microsoft Community Contributor バッジについて、Microsoft へ問い合わせるにはどうしたらいいですか?
A15. Microsoft Community Contributor Global Administrator (MCCGA@Microsoft.com) へ質問を送ることができます。

FAQ: https://www.microsoftcommunitycontributor.com/faq.aspx

プロセス: Microsoft は、MCC として表彰できるほど顕著な貢献をしているかどうかを識別するために、Microsoft Community や、MSDN、TechNet などのオンライン テクニカル コミュニティへ、ユーザーが時間や労力をかけて参加しているかについて、自動的にレビューします。Microsoft の従業員は MCC になることはできません。ですが、MVP は MCC になることができます。

報酬: 「わずかな特典」が報酬として与えられます。MCC である期間は、ウェルカム メールが届いてから 90 日間 (3 か月間 ) です。

  • MSDN や TechNet などのオンライン コミュニティ上で表示されるプロファイルに表彰のステータスが表示される
  • MCC 表彰者リストへ名前が表示される

MCC になるための Tips ( FAQ より )

  1. TechNet や MSDN などのコミュニティへインパクトを与えてください。質と量ともに継続して貢献するようにしてください。
  2. フォーラムを常用してください。モデレーションや回答者を非常に必要としている (MSDN や TechNet 上の) 技術フォーラムを見つけてください。技術のエキスパートになってください。質の高い回答や、( 特に他人からの ) 回答の候補指定を大量に行った後、モデレーターを探してください。そして、( あなたのフォーラムでの経験と能力を用いて ) モデレーターや回答者になることについて説明や議論をしてください。MSDN や TechNet フォーラムのモデレーターになるには を参照してください。たくさんの回答を行ってください。

ノート: この賞は直近 3 か月のあなたの活動を基にしています。言い替えれば、1 週間前に活動を開始したならば、これから数か月の間努力し続ける必要があります。


Most Valuable Professional

MVP になる: http://mvp.microsoft.com/ja-jp/becoming-an-mvp.aspx

MVP への推薦: http://mvp.microsoft.com/ja-jp/nominate-an-mvp.aspx

プロセス:「 MVP になる」のページを読むと、そのプロセスが厳格であることが確認できたでしょう。「 MVP への推薦者は厳格な調査プロセスを経ることになります。MVP チームと Microsoft 製品グループのメンバーを含むパネルは、各推薦者の過去 12 か月間における技術的な専門知識や任意のコミュニティへの貢献について評価します。パネルは、MVP 推薦者が行った貢献に対しての質や量、インパクトのレベルを考慮します。」パネルは本質的に推薦者を評価し、その後、質や量、インパクトのレベルについての評価に基づいてそれらの賞は与えられます。彼らは 3 つの性質について見ます。候補は 3 つ全ての性質を備えているか、1 つの性質が信じられないほど高いレベルにあるはずです。

考慮されるようになるために、あなたはこれら 3 つの特質において ( 貢献者であるだけでなく、これらの分野で他者をリードするような ) リーダーになるべきです。

  1. フィードバック - 製品チームへどのように印象付けますか? これには Microsoft Connect へのバグ報告や Microsoft 製品の早期リリースでのコミュニティ リーダーになることを含みます。それには価値のある、丁寧な、そしておそらくデータ ドリブンな提案やフィードバックを含みます。個別の貢献を行うだけでなく、他者のリードもすることで、あなたが個人で出来る貢献よりももっと大きなフィードバックのインパクトを与えてください。
  2. サポート - どのようにコミュニティを手助けしますか? これには、個人での貢献を行うだけでなく、( 他者を鼓舞し、サポートを通じてコミュニティを構築するような ) これらの作用によりコミュニティのリーダーであることを含みます。コミュニティをサポートするためにフォーラムやブログ、ホワイトペーパー、ギャラリー、動画、そして/もしくは TechNet Wiki を利用することを含みます。
  3. 知識/教育 - あなたは、カンファレンスを先導したり、成功したブログへの貢献や本の執筆をしますか? 個人的に教育するだけでなく、この分野で他者をリードして多くの人々がインパクトを与えられるように手助けもしてください。

報酬: 報酬は、TechNet/MSDN プロファイルへのステータス表示や Microsoft MVP 公式サイトでの受賞者リストとプロファイル ページの表示という「小さなサービスと特典のセット」です。MVP アワードの期間は 1 年間です。( その後、更新の評価が始まります。 )

MVP になるための Tips ( MVP のサイトより )

ノート: これらの Tips が MVP になれることを保証するわけではなく、これらの Tips 全てが要求されるわけではありません。ただ、それらを行えば、そのプロセスを通じて MVP になることでしょう。

  1. 質の高い補助やアドバイス、処置、スクリプト、コンサルタントを提供する。自身のアドバイスをテストし、最初に尋ねてください。( 与えられるデータが少なすぎる場合には、質問に回答できているのだと決めつけないようにしてください。) あなたの分野のエキスパートは、あなたのコミュニティでの働きを、いくつかサンプルを抽出するように評価しているでしょう。そこでただ 1 つ抱えたコミュニケーション上の問題や偶発的に起こしてしまった 1 つのミスを、( 普段からミスやコミュニケーション不足を起こしているのだと ) 彼らに評価されることをあなたは望まないはずです。
  2. 高品質の貢献を行う。技術フォーラムやブログでの活動を積極的に行ってください。TechNet と MSDN フォーラムは、現 MVP や Microsoft の従業員にモニタリングされています。
  3. モデレーターになる、そして/もしくは、あなたの分野の技術フォーラムで回答者や MCC になってください。( 質と量を備えた回答を投稿してから、モデレーターや所有者に対して候補者として考慮やノミネートされるようにアプローチと依頼をしてください。) もしくは Ed Price 宛 (edprice at Microsoft) にメールを送ってください。それから、モデレーターになるために ( あなたのフォーラムでの経験や能力を提供できるという ) 主張をして下さい。MSDN や TechNet フォーラムのモデレーターになるには を見てください。
  4. ブログや Wiki、ホワイト ペーパー、ギャラリーのような オンライン コミュニティ ツールで知識を共有する。(TechNet ギャラリーへとあなたのホワイト ペーパーをアップロードすることができます。) 自身のユニークなコンテンツを作成し、作成したコンテンツ周りのコミュニティ構築を手助けしなければなりません。
  5. ローカルのグループや会議、ユーザー グループ、カンファレンスで講演を行う。バーチャル イベントで話してください。あなたの得意なことを披露し、大きなグループへ教えてください。これらのカンファレンスやイベントはどの製品についてもさまざまに存在します。それらを見つけましょう。ここにカンファレンスで話す 1 人の MVP の証言があります。
  6. 記事やブログ、本を書く。自身のブログや Wiki、フォーラムへ書くことに加えて、他の有名なブログのゲスト ブロガーになってください。得意とする分野の技術の、オンラインや印刷された雑誌を調査し、公開されるような記事を出してください。現在書かれている本の技術レビューを完了するよう頼んでください。そして出版社へ売り込みをかけ、得意とする技術分野での熟練した著者としての地位を確立してください。
  7. リーダーになる。カンファレンスやイベント、ローカル グループ、ユーザー グループへと単に参加する代わりに、それらを構築し、組織し、リードしてください。コミュニティをオフラインにも広げてください。ここに オフライン ユーザー グループを開始し、他の優れた機会をリードする MVP の証言があります。
  8. 継続する。これは「マラソン アワード」であり、短距離のアワードではありません。なぜなら、MVP アワードは直近 12 か月の貢献に基づいて評価されるからであり、1 年を通して継続して活動しなければなりません。これまでに 3 か月間活動してきたのであれば、( あなたが人々に 1 年間のリーダーシップ貢献があると評価されるよう ) 認識されるまでさらにもう 9 か月継続することが必要です。

MVP になるための Tips ( MVP より )

MVP 引用元 Tip
Richard Mueller TechNet Wikininjas Blog 「MVP を目指す全ての人のために、どれくらい積み重ねれば良いかを知ることが重要ではないと私は強調したいです。より重要なのは、あなたがどのように他者を手助けするよう取り組むかです。忍耐強く、またプロフェッショナルであることは、常に歓迎されます。」

関連項目

他の言語

Leave a Comment
  • Please add 3 and 4 and type the answer here:
  • Post
Wiki - Revision Comment List(Revision Comment)
Sort by: Published Date | Most Recent | Most Useful
Comments
  • yottun8 edited Revision 8. Comment: Added some tips to becoming an MVP.

Page 1 of 1 (1 items)
Wikis - Comment List
Sort by: Published Date | Most Recent | Most Useful
Posting comments is temporarily disabled until 10:00am PST on Saturday, December 14th. Thank you for your patience.
Comments
  • yottun8 edited Original. Comment: Added "Tips to becaming an MCC" section.

  • yottun8 edited Revision 8. Comment: Added some tips to becoming an MVP.

Page 1 of 1 (2 items)