TechNet Wiki に整形された Windows PowerShell のコードを挿入する方法 (ja-JP)

TechNet Wiki に整形された Windows PowerShell のコードを挿入する方法 (ja-JP)

このトピックは how to です。
可能な限り明瞭で簡潔な状態を維持してください。基礎的なメカニズムや関連技術に深く言及したり、推測に基づいた議論をすることも避けてください。

整形し色付けされたコードを挿入したいと考えられるかもしれません。(整形し色付けされたスクリプトコードはWebページを読み易く目立たせてくれます。) これは、読み手が文法を早く理解するための手助けになります。

Windows PowerShell の整形したコードを Wiki エディタで挿入する方法は少しトリッキーです。この記事では、Windows PowerShell ISE (PowerShell V2 の一部分)か、もしくは Quest SoftwarePowerGUI Script Editor を利用することを想定します。

PowerShell ISE の利用

  1. ここをクリックして、PowerShellPack の Web サイトへ進み、PowerShellPack をダウンロードしてインストールします。
  2. Windows PowerShell ISE を起動します。
  3. Windows PowerShell ISE のコマンドペインで次のコマンドを入力します。
    Import-Module -Name PowerShellPack
  4. メニューバーに、アドオンというメニューが現れます。
  5. Windows PowerShell ISE で、すでに作成済みの Windows PowerShell スクリプトを開くか、その場でスクリプトペインにコードを入力します。
  6. Wiki エディターに挿入したいコードの部分を選択します。
  7. アドオンメニューから [IsePack -> Edit -> Copy-ColoredAsHtml] と順番にクリックします。
  8. これで、選択したコードの部分を HTML フォーマットにしたものがクリップボードに保存されます。
  9. Wiki エディターに戻ります。
  10. ツールバーの HTML ボタンをクリックし、ウィンドウの適切な位置へ HTML コードを貼り付けます。
  11. クリップボードからエディターへ HTML コードを貼り付けます。
  12. エディターにソースコードを適したフォントで貼り付けるのは良い考えです。そのため、最初の <pre> タグを次のように変更します。
    <pre style="font-family: consolas; font-size: 12px" class="PowerShellColorizedScript">
  13. 結果はこのようになります。
#####################################################################            
# Test-Me.ps1            
# Version 0.63            
#            
# This script just tests something            
#            
#####################################################################            
#requires -Version 2.0            
            
function Test-Me {            
[CmdletBinding()]            
    param (            
        [Parameter(Mandatory = $true, ValueFromPipeline = $true, Position = 0)]            
        [string]$Argument            
    )            
    Write-Host "You have passed the following argument to me:"            
    Write-Host $Argument            
}


PowerGUI の利用


  1. ここをクリックして、http://powergui.org/downloads.jspa の Webサイトへ進み、PowerGUI Script Editor をダウンロードしてインストールします。
  2. PowerGUI Script Editor を起動します。
  3. PowerGUI Script Editor で、すでに作成済みの Windows PowerShell スクリプトを開くか、その場でスクリプトペインにコードを入力し���す。
  4. Wiki エディターに挿入したいコードの部分を選択します。
  5. 編集メニューから [名前を付けてコピー -> HTML] と順番にクリックします。
  6. これで、選択したコードの部分を HTML フォーマットにしたものがクリップボードに保存されます。
  7. Wiki エディターに戻ります。
  8. ツールバーの HTML ボタンをクリックし、ウィンドウの適切な位置へ HTML コードを貼り付けます。
  9. クリップボードからエディターへ HTML コードを貼り付けます。
  10. エディターにソースコードを適したフォントで貼り付けるのは良い考えです。そのため、最初の <pre> タグを次のように変更します。
    <pre style="font-family: consolas; font-size: 12px">
  11. 結果はこのようになります。
#####################################################################
# Test-Me.ps1
# Version 0.63
#
# This script just tests something
#
#####################################################################
#requires -Version 2.0

function Test-Me {
[CmdletBinding()]
    param (
        [Parameter(Mandatory = $true, ValueFromPipeline = $true, Position = 0)]
        [string]$Argument
    )
    Write-Host "You have passed the following argument to me:"
    Write-Host $Argument
}


関連項目


他の言語

Leave a Comment
  • Please add 8 and 2 and type the answer here:
  • Post
Wiki - Revision Comment List(Revision Comment)
Sort by: Published Date | Most Recent | Most Useful
Comments
  • yottun8 edited Revision 6. Comment: Fixed few HTML formatting.

  • yottun8 edited Revision 4. Comment: Added the "Wiki: Development Portal" link.

  • yottun8 edited Revision 3. Comment: Added a pt-BR link.

  • yottun8 edited Revision 1. Comment: Altered "関連項目(See Also)" link to Japanese article

  • yottun8 edited Original. Comment: テンプレートのメッセージを修正

Page 1 of 1 (5 items)
Wikis - Comment List
Sort by: Published Date | Most Recent | Most Useful
Posting comments is temporarily disabled until 10:00am PST on Saturday, December 14th. Thank you for your patience.
Comments
Page 1 of 1 (6 items)